Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ


HSPiP Hansen Solubility Parameter in Practice(HSPiP)HSP統合ソフトの本家HP

ハンセン溶解度パラメータ・ソフトウエアー(HSPiP)の購入方法とインストール

代理購入?
英語で諦めていませんか?HSPiPの代理購入なら映像工房クエスチョンへ。すぐにお見積りします。
(日本語ドキュメントサービス中)。Mail

ハンセン溶解度パラメータ(HSP)
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学
 その他の化学
 アカデミア
 DIY:自分でやろう
 プログラミング

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

Last Update
11-Jul-2017

HSPiPのバージョン情報

2017.6.9

HSPiP Team Senior Develope 山本博志

HSPiPは販売開始から、かれこれ9年になる。順調に販売数を増やし、HSPを使った論文や特許も増えてきている。現在は、バージョン5までアップしてきている。また、Windows10がリリースされてから、動作環境が大幅に変更になり、新規利用者が購入にあたってどれをインストールしたら良いか非常に判りにくくなった為、ここに現状をまとめておこう。

https://www.hansen-solubility.com

へ行き、Downloadsのページを選択すると、現在(2017.6.9)3つのインストーラーが選択できる。

HSPiP version Info

どれをダウンロードしたら良いか非常に判りにくいと思う。
各インストーラーの説明をしよう。

HSPiP 5.0.06 x64 Installer:
これは最新のHSPiPのインストーラーである。ほとんどのユーザーはこれを使うように勧められているが、お使いのWindowsがどのようなものか、よく確かめてからインストールを行って欲しい。これは64bitのWindowsを使っている人のみが利用できる。日本では32BitのWindowsが未だに多く使われている。それは、プリンターや周辺機器などのデバイス・ドライバーが32bitだったりするからのようだ。(自分はMacユーザーなので良く判らない)対応するWindowsのバージョンは、7, 8, 8.1, 10である。ただし、Windows10から画面の解像度の取り扱い、マルチモニターの取り扱いなどが大幅に変更になった。ver. 5.0.06はWindows10に最適化されている。(本当の事を言えば、先生はWindowsのPCはWindows10しか持っていないので、新たに加えた変更が、windows7, 8, 8.1で動作するかはチェックしていない。)現在までのところ、windows7, 8, 8.1で問題があったという報告は無いが、今後とも無いと言う保証は無く、問題があってもそれが修正される見込みも無い事を理解の上、購入を考えて頂きたい。 マシンを更新した場合には、最新のインストーラーをダウンロードしてHSPiPをインストールし、古いマシンからライセンスファイルを移動することによって、無料でバージョン・アップする事ができる。PowerToolの記載が残っているかもしれないが、PowerToolは2017.5にサポートから外れた。これは、PowerToolの機能はVer.5に取り込み済みという先生の判断に基づいている。 2017.11までは動作するかもしれないが、その後のサポートは無いとお考え頂きたい。

HSPiP 5.0.04 x86 Installer
これは、32bitのWindowsにインストールするバージョンだ。しかし、これをインストールする事はお勧めしない。自己責任で行って欲しい。自分はWindowsの世界は良く知らないが、最近のPCはOSが32bitでも、CPUは64bitであるので、強引に動かしてしまえというバージョンだ。これをインストールして動いたという情報はまだ無い。また、最新のHSPiPを動かす為には、最新のDotNet Frameworkが必要になるので、HSPiPのインストール作業を行おうとすると、自動的に最新のDotNet Frameworkをインストールしようとする。基本的にはDotNet FrameworkはもとからあるDotNet Frameworkをそのままに、追加分だけがインストールされる。しかし、それをインストールする事によって、他のソフトウエアーが動作しなくなる可能性がある。会社等で独自のアプリケーションを使っている場合、深刻な不具合を起こす可能性がある。あくまでも、自己責任でインストールして欲しい。

HSPiP 4.1.07 x86 Installer
これは、windows10が世の中に出る前に作られた、最後のHSPiPのバージョンである。新たにインストールするバージョンでは無く、あくまでも、昔書いた特許や論文の計算結果を再現したりするのに使う用のバージョンである。しかし、windows7, 8, 8.1で、32bitのOSを使っている場合は実質、唯一の選択肢になる。最近、このバージョンをインストールしたユーザーから画面の下の方が欠けているとの指摘を受けた(一つのケースではモニターを高解像度のものに変更したら正しく動いたそうである)。非常に稀ではあるがこのような不具合が発生する。特に日本語の漢字を使うOSの場合、モニターのサイズと解像度、サブモニターの状況などのによって、このような不具合がおこる。これはWindowsOSがつぎはぎつぎはぎ拡張してきた事が原因で、Windows10からはこの不具合は解消されているとされている。欧米系のPCでは発生したと言う報告は無く、先生の方でも対応は不可能と言っている。そのような状況があり、かつ、このバージョンは今後のバージョンアップやサポートは一切無い事をご理解の上購入を検討して頂きたい。こうした不具合が発生した場合の唯一の対処法は、マシンを64bitのwindows10にアップグレードする事だ。マシンを入手するまでHSPiPの購入を遅らすのも一つの方法であるが、マシンを更新した場合には、無料でバージョン・アップする事ができるので、取りあえず駄目モトでインストールしてみるのも良いかもしれない(動作しないのでは無く、一部機能にアクセスできないだけである)。
バージョンアップは、最新のインストーラーをダウンロードしてHSPiPをインストールし、古いマシンからライセンスファイルを移動すればよい。PowerToolの記載が残っているかもしれないが、PowerToolは2017.5にサポートから外れた。これは、PowerToolの機能はVer.5に取り込み済みという先生の判断に基づいている。 4.1.17に含まれるパワーツールは既に動作しないのでご注意頂きたい。

HPからの削除をお願いしているのであるが、問題のあるのは日本のユーザーのみである事から未だに削除されていない。

もし、問題が発生した場合には、直接購入した場合には先生に直接報告を行って頂きたい。業者を通じて購入した場合には、業者に連絡をお願いしてください。特に日本語OSによる問題の場合、修正は不可能な事もある事を了承のうえ購入を検討頂きたい。

日本ユーザーの不具合が非常に多い場合には、改めて先生のHPにその旨公開するように申し入れます。