Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ


HSPiP Hansen Solubility Parameter in Practice(HSPiP)HSP統合ソフトの本家HP

ハンセン溶解度パラメータ・ソフトウエアー(HSPiP)の購入方法とインストール

代理購入?
英語で諦めていませんか?HSPiPの代理購入なら映像工房クエスチョンへ。すぐにお見積りします。
(日本語ドキュメントサービス中)。Mail

ハンセン溶解度パラメータ(HSP)
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学
 その他の化学
 アカデミア
 DIY:自分でやろう
 プログラミング

雑記帳

x-ability

HSPのオフィシャル・計算ルーチンを搭載!
HPはこちら

 

 

Ad Space for you

 

Last Update
12-Jul-2018

HSPトップページHSPiPに付属の電子書籍(e-Book)の各章のタイトルと簡単な説明

2009.8.13

HSPiP Team Senior Developer, 非常勤講師 山本博志

 

2010.12.7
章建てはHSPiP e-Book ver. 3.1.01に基づいています。

Hansen Solubility Parameter in Practice

ソフトウェア、データと例題で学ぶ
実践ハンセン溶解度パラメータ

Steven Abbott & Charles M. Hansen
with Richard S Valpey III (SC Johnson)

ISBN 978-0-9551220-2-6

2011.12.10
マックによる機械的要約文を公開します。マックでの要約作成はこちらを参照
日本語版の購入は映像工房クエスチョンさんまでお願いします。

 

Introduction & Guarantee by Steven Abbott
スティーブン・アボットによる緒言と保証

 溶剤や溶液を日々の仕事としている,ほとんどの科学者や技術者は、Hansenの溶解度パラメータ(HSP)という言葉を聞いた事があると思う。HSPは「似たものは似たものを溶かす」と言い換えられるかもしれない。本書はこのHSPをソフトウエアーとデータ、例題で学ぶ為の本である。

Chapter 1 The Minimum Possible Theory (Simple Introduction)
第1章 最小限の理論。

 熱力学は、ある現象が進むかどうかを示す。つまりHSPは熱力学に基づいて溶解現象が進むかどうかを予測するものである。

Chapter 2 The Sphere (The Preferred Method of Visualizing)
第2章 球

 HSPは分子間に働く力を、分散力、極性力、水素結合力に分けて考える。この各々のエネルギーをx、y、z軸に投影する。あるポリマーを溶解する溶媒のHSPを3次元にプロットすると溶解するものとしないものの境は球を形成する。この球の内側に来る溶媒はポリマーを溶解する。

Chapter 3 Your first HSP Sphere (Determining the HSP Sphere)
第3章 最初の1歩

 例えば塗装における工程のように,ポリマーを溶解したいとしよう。コストや健康&安全、環境影響上の厳しい制約があり,良い混合溶媒を見つけるのはとても難しい。20個のガラス瓶を用意し最初の1歩を踏み出そう。

Chapter 4 Coming clean (Finding Good Solvents)
第4章 きれいになる。

 インクやペンキに使われる揮発油は健康上問題があり、代替の探索がデンマークでは必須である。そこでインクを構成するポリマーや顔料が溶媒とどのような相互作用をするかHSPで調べ、代替物の開発が非常に加速された。

Chapter 5 Safer, Faster, Cheaper (Optimizing Solvent Formulations)
第5章 安全に、早く、安く

 新しい溶媒を探索しようとしたときに、毒性が無く、安いものを選びたいが、これは非常に時間のかかる作業になる。HSPを使うと毒性がある高価な溶媒のHSPと同等な安全で安い混合溶媒を非常に早く探すことができる。

Chapter 6 Coming together (Polymer Compatibility)
第6章 ご一緒に

 全く混じらない2種類のポリマーを両方溶かす溶媒はどうしたら探索できるだろうか?両方のポリマーのHSPを使えば簡単にできる。

Chapter 7 Sticking, Flowing and Dissolving (HSP and Adhesion, Viscosity and Dissolving)
第7章 接着

 ポリマーのHSPがいかに接着力に貢献しているかを見る。接着剤としてのポリマー、溶媒のHSPを設計する事によってくっつきにくいものを接着できる。

Chapter 8 Shades of Black (Designed Partial Compatibility - Bitumen)
第8章 黒い陰

 アスファルトは現代の生活になくてはならないものだ。このアスファルトはポリマーと混合されて高機能な道路用の被覆剤になる。これをHSPを使って解析する。

Chapter 9 Insoluble solubility parameters (HSP for Pigment Surfaces)
第9章 溶けない溶解度パラメータ

 顔料はもともと溶けないので溶解度パラメータとは無縁と思うかもしれない。しかし、顔料を溶媒に入れたときに細かく分散する場合と底に沈殿する場合がある。顔料のバインダーのHSPとしてはよく分散する溶媒と同じHSPのものを用いた方が良い。

Chapter 10 Cracks in the system (Environmental Stress Cracking)
第10章 クラックが入る。

 デンマークの水族館で巨大なPMMAの水槽が火事にあった。ダメージがどのくらいか?熱履歴のかかった部分のHSPを見る事でクラックは入らないだろうと予測された。

Chapter 11 Let‟s make this perfectly clear ... (Formulating clear automotive lacquers)
第11章 完全に透明な被覆を作ろう。

 イソシアネートとポリオールから透明なポリウレタンを作ろうとすると、ポリマー化の際にHSPが極端に変わってくる。そのような系では試行錯誤でコーティング液を作るのは至難の業である。

Chapter 12 That‟s swell (HSP and Swelling)
第12章 それは膨潤だ。

 同じポリマーなのにHSPの値が極端に異なる場合がある。PCTFEを例にとると塩素の部分とフッ素の部分で溶媒に対する親和性が大きく異なる。そこでHSPの値もばらついてしまう事がある。そうした部分的な膨潤があり得る系では扱い方にノウハウが必要だ。

Chapter 13 Paint failure – the science of blistering
第13章 塗装の失敗ー水ぶくれの科学

Chapter 14 Skin deep (HSP and Skin Absorption)
第14章 お肌の奥深く

 ある化学品が肌にどれだけ深く浸透するかを知る事は重要だ。肌のHSPをもとに予測を試みる。

Chapter 15 HSP and Diffusion
第15章 HSPと拡散

 ポリマー中をある物質が拡散する場合にもHSPは重要だ。ただ拡散は動力学の問題であって、熱力学の問題ではない。にもかかわらずHSPが重要な役割をなす事が示されている。

Chapter 16 It’s your call (Rational Selection of Chemical Protective Gloves)
第16章 あなたが決めてください

 非常に高い細胞毒性のある薬を安全に扱うことを事のできる手袋を病院のスタッフに推薦するとしたらどれを勧めますか?

Chapter 17 Gloves: from minimum data to maximum insight (Exploring Glove Permeation)
第17章 手袋:最小限のデータから最大限の洞察を得る。

Chapter 18 Saving the planet (Finding Improved Environmental Solutions)
第18章 地球を救え。

 Hazardous Air Pollutants(HAP)大気汚染危険物質に指定されている溶媒をどう置き換えて行くか?

Chapter 19 HSP for ionic liquids (How to Assign HSP to New Materials)
第19章 イオン液体のHSP

Chapter 20 Cleaning by numbers (HSP for Surfactants)
第20章 指標による洗浄

 界面活性剤はものすごくたくさんの種類があり、選択するのが大変だ。そこでHLB、アニリン数、KB値などの多くの指標がある。しかしあまり科学的とは言えない。そこでHSPとHLBの関係を示し、洗浄の指標を示す。

Chapter 21 Chromatography – HSP creator and user (Retention Times and HSP)
第21章 クロマトグラフィー、HSP値を決めたり使ったり。

 クロマトグラフィーは2つの相と物質の相互作用が根源なのでHSPは重要な役割を果たす。しかも、ある化合物のHSPを決めるにも使えるし、そのHSPを使って流出時間を求めるのにも使える。

Chapter 22 Noses artificial and natural (HSP for Sensors Both Artificial and Live)
第22章 人工の鼻、自然の鼻

 においという感覚は未だにミステリーに満ちている。しかしこの分野にもHSPは重要な役割を果たしていると示され始めている。

Chapter 23 Attacking DNA (HSP for DNA , Drugs, and Biological Membranes Compared)
第23章 DNAへの攻撃

 化合物の毒性は作用機構によって全く異なる。しかし、(例えば経皮毒性は)化合物が細胞膜にとけ込んでDNAにたどり着く必要があるので、そうした場合にはHSPが重要になってくる。

Chapter 24 HSP for Pharma and Cosmetic applications
第24章 医薬品と化粧品への応用

医薬品や化粧品成分のHSPを知れば、それらのDNA、皮膚などのとの一般的な生体適合性を、合理的にとことんまで考えることができる。 溶液中で重要な成分を保持するとか、望むのであれば、ある成分だけが素早く蒸発するとか、例えば、表面に濃縮するとかを理解するのに役立つ。

Chapter 25 Exploring with HSP – (Generating and testing research hypotheses)
第25章 HSPを使って探究する

Chapter 26 Liquid extraction – a work in progress
第26章 液体抽出

Chapter 27 Going nano (HSP Characterizations of Nanoparticles)
第27章 ナノ最前線

 顔料やアスファルトのところで述べたように、カーボンブラック、などをHSPを使って解析してきた。同じようにCNT、C60なども見ていこう。

Chapter 28 DIY HSP (Methods to Calculate/Estimate Your Own HSP)
第28章 DIY

Do It Yourself. 自分でやってみよう。必要なものはすべて含まれている。

Chapter 29 Predictions (Many Physical Properties are Correlated with HSP)
第19章 予測

このモデラーは2つの化合物をSmilesの式で入力する事によって、多くの重要な物性値を比較する事ができる。

Chapter 30 Improvements?
第30章 改良

我々がある仮定をし、それに向かって挑戦するという、困難な仕事から得られた多くの成果の一部を説明する。

Chapter 31 Into the 4th Dimension. Donor/Acceptor
第31章 4次元へ。ドナー/アクセプター

Chapter 32 The next steps (What Is Planned and Asked For)
第32章 次のステップへ

我々の義務は,我々自身の研究を続ける事によって,そして,ユーザーからのフィードバックに答える事によって,本,ソフトウエアー,データを改良し続ける事だ。

Chapter 33 A Short History of the Hansen Solubility Parameters
第33章 ハンセン溶解度パラメータの歴史を簡単に

 

メールの書き方講座