Pirika logo
JAVA,HTML5と化学のサイト

Pirika トップ・ページ

Pirikaで化学
 物性化学
 高分子化学
 化学工学
 分子軌道
 情報化学

 その他の化学
 アカデミア
 MOOC講義資料
 プログラミング

ハンセン溶解度パラメータ(HSP):
 HSP基礎
 HSP応用
 ポリマー
 バイオ・化粧品
 環境
 物性推算
 分析
 化粧品の処方設計
 その他
 自分でやってみよう

雑記帳

Ad Space for you

 

Ad Space for you

 

 

 

Last Update

05-Dec-2018

物性化学:沸騰の科学

非常勤講師:山本博志 講義補助資料

甲藤好郎先生の書かれた、沸騰の科学という書籍を頂いた。非常に興味深い本であるし、沸騰に関連する研究を行っていたので液体構造論的に解析した結果を付け加えた章を作ってみた。

ほとんどの沸騰の科学は水をベースに発達してきた。しかし水というのはあらゆる液体の中で最も特殊な液体である。そうした水に引きずられ、沸騰や蒸発の科学はかなり特殊になっている。分子構造論や物質の基準点の見直しを通して、一般的な液体の沸騰を科学しようと書き連ねて見た。

沸騰の科学

第10章 分子構造論(液体構造論)から見た沸騰現象(PDF) 2018.6.20
第11章 臨界点から見た沸騰現象(PDF)2018.12.5
第12章 混合物の沸騰現象