代表、山本博志のプロフィール

Dr. 山本 博志(男性) Dr. Hiroshi Yamamoto (Male)
国籍: 日本(Japanese)
住所: XXX XXX XXX 横浜市 神奈川県 日本
電話/Fax  +81-45-XXX-XXXX
生年月日: 1960 XXX XX
生まれた場所 : 日本(Japan)

学歴

  • 1978年,都立小石川高校E組(留岡先生のクラス)卒業 
  • 1985年、東京大学、工業化学科、平井研究室、修士卒業(シクロデキストリンを用いた生体系の医学材料の開発をテーマにしていました。)
  • 1990年ー1991年、カルフォニア工科大学、Goddard教授のところでコンピューターケミストリーを学ぶ。
  • Nov 1997 ー Jan 1998 カルフォニア工科大学 MSCに再び短期留学。
  • 2007年 「ケモインフォマティックスを用いたフロン 代替化合物の物性推算法の開発と その利用に関する研究」で日本大学から博士号を修得。

職歴

  • 1985年ー 民間企業(旭硝子)就職
  • 1995-1999年 RITEに出向, つくばの物質研で代替フロンの研究を行う。
  • 2011年-  横浜国大で分子シミュレーションを非常勤講師として教える。
  • 2020年4月 AGC(旭硝子)退職 
  • 2022年- 第一薬科大学 非常勤講師
  • 2021.12.1- 合同会社 Pirika.com 社長(代表社員)

Jul 2008 –
HSPiP(Hansen Solubility Parameters in Practice)
(実践ハンセン溶解度パラメータ、ソフトウエアー&e-Book)
Senior Developer としての開発担当。

アジアに於ける広報担当。(HSPが日本で広がるように、翻訳、雑誌への投稿、講習会での講師、技術サポート、バグ情報、改良アイデアなどの吸い上げなどなど。)

専門

  • ポリマー合成:ポリウレタン系、ラジカル重合系
  • 計算機科学:分子軌道計算、分子力学計算、
  • 情報化学 ニューラルネットワーク法による物性推算、遺伝的アルゴリズムを使った最適設計、逆設計
  • 化学工学:気液平衡(ASOG蒸気圧関係、Antoine定数、臨界定数、対応状態原理、化工定数推算
  • プログラミング:JAVA, C#, C, C++、JAVAScript, HTML5を使った化学系のプログラム作成。

趣味

化学。化学系のプログラミング。
Mac (iPod touch, iPhone, iPad).
料理
目指すものは世界で戦える研究者。

所属学会

ACS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です